spreadman4

くりっく365の闇

顧客の負けが東証の利益です。byくりっく365

くりっく365で有名なインヴァスト証券ですが今四半期の業績が、前年比で黒字化しているという話を聞いて、くりっく365にまつわる少しネガティブな話を書いてみようと思います。

くりっく365は顧客の注文を呑んでいる?

ノミ行為

まず多くの方が勘違いされている点として、くりっく365はECNではありません。くりっく365は外部マーケットへ顧客の注文を流す事はしていません。ただ東京証券取引所が指定している天下り先のマーケットメイカーへ注文を流しているだけです。

マーケットメイカーとは?

マーケットメイカー

マーケットメイカーとは、簡単に言ってしまうと投資家の売買の相手の金融機関の事になりますが、問題はマーケットメイカーは投資家の反対の売買をするので、投資家と損益が相反してしまうという点です。
つまり、投資家が相場で利益を上げるとマーケットメイカーは損をし、逆に投資家が相場で損失を被るとマーケットメイカーは利益を得るという仕組みとなります。

国を上げてノミ行為を推奨

汚職

くりっく365へ価格の提示を行っているのもマーケットメイカーです。金融庁や関東財務局が利権まみれ、天下りまみれで腐っているのは周知の事実ですが、税制を優遇してまで国を上げて呑み行為を推奨しているのですから、本当にトレーダーをバカにしているとしか思えません。

日本の腐った金融業界

誰も教えてくれないレバレッジ制限の本当の理由

マーケットメイカーの弱点

弱点

上述したマーケットメイカーにも弱点があります。それは大きな利益を上げる投機家の存在です。マーケットメイカーとトレーダーは利益が相反しているという理由から、大きく利益を上げるトレーダーの存在はマーケットメイカーにとってのリスクとなります。

レバレッジに関するステルスマーケティング

ステルスマーケティング

はっきり言ってレバレッジは高い方が良いに決まっています。レバレッジは25倍で十分などというステルスマーケティングに引っかからないでください。レバレッジが低く運用に多くの証拠金が必要になるという事は、余剰資金を他の投資商品へ向ける機会損失にしかなりません。

レバレッジを下げてノミ行為を保護

レバレッジ規制

レバレッジが高い事は、投資家にとってのメリットとなり、マーケットメイカーにはデメリットとなります。つまりレバレッジを下げるという事は「大きな取引で大きな利益を上げられる方は、金融庁のライセンスを取得しているFX業者では取引はしないでくださいね。」という意味になります。

腐ったシステムへの対抗策は?

対抗策

これまで書いてきたようにノミ業者天国となってしまっているFX業界ですが、これらは全て国内マイナーブローカーでの話になります。海外メジャーブローカーはこの限りではありません。
また海外のFX業者は危険です。などという話がネット上に転がっていますが、これも金融庁や国内FX業者のくだらない利権構造を利用したミスリードが原因です。この話は少し長くなるのでまた別の機会があれば書いていこうと思います。
またスプレッドに関しても、海外FX業者は広いと言われていますが、それらも全てイントロデューシングブローカー(IB)の存在が認知されていないのが原因です。
海外で営業しているレバレッジの高いメジャーブローカーは、わざわざ規制のある日本でライセンスなんて取得しません。
日本のライセンスを持たない業者が国内でプロモーションを行う事は、金融庁が利権を守る為に禁止としていますが、個人や法人が海外のFX業者やIB業者を利用する事は、当たり前ですが自由です。つまりFX取引で利益を上げたいのであれば、海外のメジャーブローカーを利用する事で全て解決する上、国内マイナーブローカーより遥かに良い条件で取引を進めていく事も可能となります。