spreadman4

DD/NDD取引の仕組みと真実

嘘で固められた国内FX業界

実は嘘

FXで売買注文を出すと「インターバンク」へ注文が流され取引が成立するという事になっていますが、そんなのは出鱈目です。ほとんど全ての国内FX会社は顧客の注文をシステム上だけで処理しています。実際に「インターバンク」へ注文を流しているFX会社なんて国内ではありません。何故なら「顧客の資金を保護する」という名目で、金融庁がレバレッジ規制を行い、実際には「呑みFX会社のリスクを保護」しているのですから。有名なくりっく365など利権そのものです。

何故ノミ行為がダメなのか?

ノミ行為

ノミ行為をしているFX会社にとっては「顧客の利益は自社の損失」となっていまいます。つまり顧客と損益が相反しているので、FX会社は自社の利益の為にあらゆる方法を使って顧客を負けさせます。
マーケットへ接続していない事を良い事に、自社で価格を操作するなんてのは当たり前に行われています。価格操作やストップ刈り、約定遅延や約定拒否、ロスカット時は異常なスリッページ、利益確定時はピッタリ約定、これらの嫌がらせは、大体相場で利益を出し始める頃に始まってきます。
またネット上の個人アフィリエイターや比較サイトなどはこの事実を隠しているか、大した事が無いなどとミスリードしようとしているので注意が必要です。

FXの注文執行方式の種類

ECNSTP

FX会社の注文執行方式には、DD方式 NDD方式 ECN方式 STP方式、マーケットエグゼクション インスタントエグゼクションなど色々とあって解かり難いですよね・・・
そこで今回はそれぞれの注文執行方式の簡単な解説と、優良なFX会社を選択する為の簡単な方法を紹介していきたいと思います。

DD(Dealing Desk )方式

ディーラーによる不正操作が可能な方式です。特に利益を出しているトレーダーの口座は、DD方式のサーバーへ移され、ディーラーにより様々な嫌がらせを受けます。また当然この方式を採用しているFX会社は顧客の利益が自社の損失となる呑み系FX会社が採用しています。外部マーケットへ顧客の注文を流しているだけの真っ当なFX会社ならば、DD方式など採用する意味がありません。
DD方式


国内業者の大半はDD方式を採用しています。つまり国内FX業者の大半は呑み系FX業者という事になります。スプレッドが狭いからと隠れコストも考慮せずにFX会社を選択するのはやめましょう。現状そのような方が大半を占めている為、いつまで経っても国内のFX事業者のレベルが上がっていきません。また自分の広告収入しか考えてない、トレードすらしないアフィリエイターは撲滅しましょう。

NDD方式( No Dealing Desk )

ディーラーを介す事なく注文が処理されていく執行方式です。主にNDDにはECNとSTPという2種類の執行方式が存在します。
NDD方式

ECN方式

注文はマーケットへ直接流され、マーケット内にてオークション形式にて約定されます。ECNは最も公平な注文執行方式となっている反面、売買相手が見つからないと約定しないといったデメリットが存在します。

STP方式

注文はLP(リクイディティプロバイダ)などへ流されます。FX会社は複数のLPから卸値を提示され、最も小さなスプレッドを提供しているLPの価格がMT4などFX会社の取引プラットフォーム上へ表示されます。またSTPにはマーケットエグゼクションとインスタントエグゼクションという2種類の執行方式が存在しています

STPマーケットエグゼクション

注文は直接外部のLPへ流されます。ECNと異なる点は、ECNでは直接マーケットへ流され注文が成立するのに対し、STPマーケットエグゼクションでは、注文はLPへ流されます。基本的にはECNと変わりません。

STPインスタントエグゼクション

注文は一回FX会社側でカバーされた後、瞬時にLPへ流されます。この方式の有利な点は、ECNなどに比べ約定のスピードが極端に速くなるという点です。この方式は小口のトレーダーにとっては理想的な執行方式です。またこの注文執行方式の場合では、FX会社側は顧客の注文をカバーした後、実際にその注文がLPなどで約定するまで価格変動リスクに晒される為、大きな指標時などにレバレッジ制限がかけられる事も特徴となっています。

その他の注文執行方式

DMA(Direct Market Access)

DMAは、証券会社が自社の発注システムを投資家に貸し出し、直接注文ができるようにするサービスですが、これはSTPマーケットエグゼクションと、厳密には異なりますが大体は同じ意味と理解してもらって大丈夫です。

ECNかSTPなら問題ありません

結論

FX会社の約定方式で、小口のトレーダーに最も理想的なのは、STPインスタントエグゼクションとなりますが、大口トレーダーの方はECNかSTPマーケットエグゼクションなら間違いありません。

使ってはいけない業者を見分ける方法

使用禁止

基本的に固定スプレッドを提供していて、スプレッドが狭い業者は全てDD業者です。これらの業者で取引を行う事は、お金をドブに捨てるようなものなので、絶対に取引は行わないようにしましょう。また比較サイトや個人でアフィリエイトブログなどを運用されている方の言う事は信じないようにしてください。あと日本の場合はFX会社自体がNDDだと偽っている場合もあります。こちらが調査の為にLP(リクイディティプロバイダ)のリストを公開するよう求めても、国内業者の全てで断られました。逆に海外のメジャーブローカーの場合はすぐにリストが貰えたのですが・・・・・

プロのトレーダーはどこのFX会社を使用しているのか?

プロフェッショナル

プロトレーダーの中には月額約20万円を支払ってロイターやブルームバーグの端末から注文を出している方もいらっしゃいますが、少数派です。大体の方は海外FX業者と直接契約しているIB(イントロデューシングブローカー)を通して取引されている方がほとんどとなっています。

海外FXなどの比較サイトに注意

危険注意

IBは通常、広告料コミッションの大部分を顧客へキャッシュバックとして還元していますが、国内にはIBでも単なるアフィリエイターがFX会社とIB契約し、顧客へ広告料を還元もせず、嘘の情報をばら撒きながら、検索エンジン上位にのさばっています。それらのIBは大体、個人ブログや比較サイトなどで海外FX業者を紹介してるので、くれぐれも騙されて利用しないよう気を付けてください。
それ以前に、比較サイトや個人ブログでは、金融素人が運営しているという事もあり、コンテンツ自体が全く信用のおけないものとなってしまっているので一目見て判断できるとは思いますが・・・