spreadman4

相場で飯を食う為のマルチモニタ環境

マルチモニタ環境が必要な理由

マルチモニタ環境

ネットによくいる自称プロトレーダーの言い分

FXに関する書籍やネット上の情報を見ていると、たまに「監視する通貨ペアは1種類で十分!」と言っている自称プロトレーダーの方を見かけますが、トレンドフォローで張っていて監視通貨ペアが1種類だけとは・・・正気の沙汰ではありません。

本当にいい加減にしてほしいのですが、トレンドの有無がトレードの重要なファクターとなるトレンドフォローで、EUR/USDだけを監視して相場を張って勝ち続ける事が出来ると思っているのでしょうか? アメリカと欧州が同時に量的緩和をしていた時など、どのようなトレードをされていたのか疑問でなりません。
本当にアフィリエイト目的の自称プロトレーダーは、自分ひとりで引かされ続けている分には良いのですが、ブログランキングなどで周囲に出鱈目を拡散して回るのだけは勘弁してもらいたいものです。まあ、出鱈目を拡散して弱いトレーダーを量産してくれる事は、他の誰にとってもありがたい話なのですが・・・

マルチモニタ環境は必須です。

トレーダー_スプレッドマン

トレンドフォローで相場を張っている方は、マルチモニタ環境での複数通貨ペア監視は必須です。例えあなたの周りの自称トレードに詳しい方が「マルチモニタ環境なんて必要ないよ」と仰っていたとしてもです。プロの方ならマルチモニタ環境は必ず揃えています。超長期でトレードされる方すら揃えています。マルチモニタ環境はトレーダーにとってはそれほど当たり前の環境だと心得てください。

マルチモニタ環境をそろえる上での注意点

チャート表示、ニュース表示、相場を張りながらの検証作業など、色々と便利なマルチモニタ環境ですが、買い揃えるに当たりいくつかの注意点を上げておきます。

チェックポイント

基本ひとつの画面にMT4ひとつ起動する前提で考えます

いくらマルチモニタで画面数が多いからといっても、チャート組を切り替えて、より多くの通貨ペアを表示可能とするのが理想的です。その為にもMT4は1画面に1つ起動すると考えておきましょう。

MT4
例えばの話

普段は6枚のモニタに6種類、USD/JPY、USD/EUR、USD/GBP、EUR/JPY、GBP/JPY、EUR/GBP、と表示して、通貨間の力関係を見ながらトレードしていたとしても、急な速報が入りCFDなどが大きく動き出した場合の対策として、予めチャート組を用意しておき、即座に切り替えてトレード出来るよう準備しておく事も重要です。

MT4を利用する前提で書いてしまっていますが・・・

もちろんcTraderやMT5でも同じ事が言えます。ただマーケットエグゼクションで約定するcTraderやMT5を利用されている方にマルチモニタ構築の情報が必要な方はいないと思われますので、あえてMT4で解説させていただきます。また国内ブローカーのウェブトレーダーなどを利用されている方は、今すぐ証券会社口座を解約して正常なブローカーを探してください。トレードにおける勝敗の5割は証券会社で決まります。

画面サイズ

フルHD

個人的な失敗として、最初は単純に大きな画面で動画などを見たいと妄想し、27インチのモニタで揃えてしまいました。机に座って作業する場合、大きなモニタではチャート全体が視界に入り切らず、結局それらのモニタは買い替える事になってしまいました。
マルチモニタは机に向かってトレードするのなら、視界に入り切るという事を前提に、17~21.5インチで揃える事をお勧めします

解像度

解像度

解像度は高い方が良いに決まっています。フルHD(1920×1080)あれば問題ありません。価格的にもお値打ちなのではないでしょうか。ただチャートは出来るだけ長い期間を表示させた方が良い事は論を俟ちませんので、解像度は出来るだけ高いものを購入する事をお勧めします。

ノングレアは必須

モニタ方式

経験上モニタは消耗品と考えていますので、スペックに関しては、余程のこだわりが無ければ「TN方式」で十分と思われます。ただ目の疲れない、反射の少ない「ノングレア」だけは必須だと心得てください。

モニタアーム

モニターアーム

モニタアームは必需品です。最近は値段も安くなってきていますし、下手にDIYで節約しようと考えるより、時間と労力を考えればモニターアームを購入してしまうのが一番速いと思われます。またモニタアームのタイプは6画面の場合、上下2枚モニタを装着可能なものを3本並べて使用するのが奥行のスペース的にお勧めです。

トレード環境について

トレード

よく勘違いされているのですが・・・トレードは簡単ではありません。

電車の中でiPhone見ながらトレードして勝ち続けられるほど甘いものではないという事です。
まして1日5分のトレードで大儲け出来る筈がありません。
断言しますがFX系の情報商材は全て詐欺です。
良く考えてみてください、トレーダーが情報商材なんて発売すると思いますか?

トレーダーは、規則正しく規律正しく準則に従った生活をしています。

トレード前はチャートと指標をシュミレーションし、相場中はひたすらチャンスを待ちます。食事も簡単に済ませ、ただモニタの前で監視を続けます。そこには誰もが憧れる華々しさはなく、会社員が会社へ向かい仕事に没頭するのと同じ苦しみがあります。ただトレーダーの場合、誰の制約もなく何の罰則もない世界で、自分に規律を課して生活を送らなければいけないというペナルティを抱えていますが・・・

だからこそ、トレーダーにとってトレード環境は大切です。カップ麺が切れている事すら許されません。トレード環境の整備、ブローカーの選択、スムースな資金移動、全てが揃った上での規律です。決して規律は根性からは生まれません。だからもしトレードで全てを手に入れたいと願うなら、まずは全てを揃える事から始めてください。