スプレッドマン

日本のWIFIはフリーではない

日本のWIFI環境はすこぶる評判が悪い事で有名です。
観光庁の調査では、外国人旅行者が日本に来て、「もっとも困ったこと」の第1位にWIFI環境があげています。
携帯キャリア(docomo,AU,Softbank)のWi-Fiスポットは日本の携帯契約が必要です。
このため外国人旅行者は利用する事ができません。
無料のWi-Fiであっても利用にあたりメールアドレスを要求されるケースが多く、なぜメールアドレスの登録が必要なのか? 外国人旅行者からは不満の声もあるようです。

trouble

なぜ、日本はWIFIを整備しないのか?

日本の技術力であれば、WIFI環境の整備は簡単であるはずなのに、整備をいまだにしないのは、整備しないことのメリットがあると考えているからでしょう。そのメリットとは、犯罪の防止が第1に挙げられます。日本の人は、WIFIを整備しないことが本気で犯罪防止に役立っていると思っているのでしょうか。

無料WIFIが普及しない理由

それが、どれだけ不思議なことかは、外国人旅行者の不満からも見て取れます。日本の法律では、無料WIFIの提供者は、認証ログを提供する責任が生じますが、日本で無料WIFIが普及しないのは、利用者を認証するシステムコストが高すぎるのも一因です。認証ログの提出は1〜2ヵ月に一度あるので、これを逃れることができないそうです。また犯罪者が無料WIFIを使用した場合、無料WIFIの提供者も罰せられる可能性があるというのも、普及を阻んでる主な要因です。

arrest

日本はつぶしの文化

ところで、90年代にプリペイド携帯がまだコンビニで買えた時代がありました。しかし、プリペイド携帯を使った犯罪がいくつか起きたら、あっという間にコンビニの商品棚からプリペイド携帯は消えてしまいました。犯罪者の利用が公衆電話からプリペイド携帯に代わっただけなのに、 プリペイド携帯は買えなくなってしまいました。一部の人への対策のために、多くの人の利便性を奪うというのは、日本の文化のひとつです。WIFI未整備の理由もこんなところにあるように感じます。

日本の不思議なところ

外国人が日本に旅行した時に感じる不思議さは、「自販機」「ポルノ雑誌」に代表されると言われます 。
「自販機」みたいに「お金が入っている箱」が路上にぽつんとある状態が信じられないと言うのです。これを聞いて、日本の人は自分の国の治安の良さを誇らしく思うでしょう。
しかし一方、「ポルノ雑誌」についても外国人は首を傾げます。
ポルノ雑誌が堂々と子どもでも行ける場所に置いてあることに違和感を抱くというのです。これも一部の変態日本人は「我が国は性におおらかだから」と胸を張るのかもしれませんが、これも随分おかしなことです。

002

潔癖性的な規制の対象外

ポルノ業界は裏社会との関係が昔から言われていることであり、性教育の観点から禁止されてもおかしくないと思いますが、現状は、官民べったりのゆるやかな規制が行われているのみです。
これについて文句はありませんが、WIFIやプリペイド携帯に見られるような潔癖性とも言える規制は行われません。

海外とは違うFX規制

ここまで日本の外国とは違う不思議な事例をいくつか紹介してきましたが、もうひとつ外国人からしてみると、不思議にみえるのがFX取引です。海外FX業者にお会いすると、なぜ日本国内のFX業者はあれほど保護されているのか、という話題になります。レバレッジの規制は、名目上は顧客の保護となっていますが、海外のFX業者にとってみれば、それは日本国内FX業者の保護のように映るようです。顧客のお金にレバレッジをかけて投資させるのは、すべてFX会社側のリスクです。また日本国内で一般的な追加証拠金制度も、顧客保護の視点はまったくありません。これは単純な話で、海外FXと国内FXを比べてみると、顧客のためのリスクをとっているのは、海外FXの方です。

日本人にとっては当たり前でも

日本はとても良い国です。周りの人のことを気遣い、接客サービスの質は世界一だと断言できます。しかし、そこに安心しすぎていると、思わぬ落とし穴や不利益を被ることがあります。日本のスタンダードが当たり前だと思い、時代の流れから生まれるチャンスを活かせないようになります。
そして成功者といわれるのは、常に日本の外に目を向けてきた人たちです。
もしも、海外なみのWIFI環境を日本国内に整える企業があったとしたら、その会社は必ず成功するでしょう。
海外にあるものを日本に持ってくるだけで、成功していた時代もありましたが、いまはインターネット時代です。海外の事情はすぐに知ることができます。

インターネットで世界を広げられるかは、個人の資質

インターネットで世界が狭くなったと言われますが、それは逆で、インターネットは世界をどんどん広く際限のないものにしています。英語ができれば、触れられる情報量は深く、昔だったら一部の人しか知らないようなことも知ることができるようになりました。
英語以外もそうですが、インターネットの情報に奥深く入っていくだけで、チャンスは転がっています。
このページでは海外FXの魅力についてお伝えしていますが、それ以外の情報でも、日本の常識だけでなく、日本の外に目を向けることが成功への近道だと感じます。