spreadman12

ドナルド・トランプが一代で財を築いた方法は?

トリックスター的な魅力

e41e5a61-s

アメリカの共和党において、大統領候補の指名争いを続けているドナルド・トランプ氏は、アメリカの男一匹ガキ大将的な人物として、立志伝中の人物です。
大統領候補としては最初は泡沫候補にも関わらず、ここまで共和党内の選挙戦をかき回し続けているのは、見事というより他はありません。他の候補者に対しての不信感から、いわば白票的な存在であったにも関わらず、彼自身の魅力から、選挙民の心をつかんでいっているのです。
過激な発言、派手なパフォーマンスばかりが取り上げられますが、彼の知られざる一面を集めてみました。

不良だった少年時代

23534_30_b

父はニューヨークのクィーンズ地区で不動産業を営むドイツ系アメリカ人でした。富裕な家庭ではあったが、彼自身は不良少年であったため、問題行動を起こし続けていました。そのせいで13歳のときに、ニューヨーク・ミリタリー・アカデミーに入れられてしまいました。(金持ちの不良の更生施設のような所です)

父の仕事の手伝いからキャリアがスタート

Maid-Cleaning-Service-Queens-NY-300x187

決して華麗なスタートだったわけではありません。大学を卒業した後にやったのは、いわゆる家賃の取り立て人でした。労働者たちの街で家賃を取り立てるのは時に危険な目に会う。その上、この仕事は苦労の割に利ざやは薄かったので、トランプは早くもっといいビジネスをしたいと考えていました。

始まりは抵当流れの物件だった

P2231271

オハイオ州シンシナティにある、スウィフトン・ヴィレッジは千二百戸の住宅団地でしたが、八百戸の空き家があり、デベロッパーは破産していました。悪質な入居者がはびこり、業者間での評価は最低ランクで買い手はつきませんでした。トランプは、いわば無法地帯と化していたこの住宅団地を最小限の値付けで入札し、落札したのでした。

初めてのビジネスの成功がその後のトランプのスタイルになる。

トランプは、「五十戸の管理も千二百戸の管理も手間は同じだ。しかし、利益は莫大なものになる」と述べています。(トランプ自伝より)徹底した管理体制を敷き、まずは悪質な入居者を追い出し、次に質のいい顧客を招くために、大がかりな改装修理をしました。そのための費用は80万ドルかかったが彼は惜しまず投資しました。高い家賃を得るためには物件は常に清潔に保たれ、廊下にはペンキを塗り、敷地に造園を施し、新聞に広告を載せる必要があることがわかっていました。逆に言うと、そうすれば、必ず利潤があがると読んでいたのです。

donald-trump-hair-photos-mystery-transplant-combover_2014-09-14_21-3
▲初めての成功を収めた頃のトランプ氏とその父。

天性のビジネス感覚で掴んだ成功

彼のビジネスのスタイルは、割安株を見つけ投資をするバフェットと同じです。
誰の目にも止まらないような物件を、あっという間に金のなる木に変化させる。事実、この物件を皮切りに割安物件を見つけて、彼自身が手をかけ、莫大な利潤を生み出す物件に生まれ変わらせるのは、その後の彼のスタイルとなりました。

成功の後のどん底

ドナルド妻

▲最初の妻との結婚はおよそ10年で破局した。その後も2回結婚をした。
80年代の初頭より、トランプはメディア露出を意図的に増やしていきました。当時から過激な発言をよくし、私生活も派手だったので、金持ち不動産王トランプはあっという間に有名になりました。しかし、90年初頭、拡大路線を突き進むあまり、ある投資物件の失敗から資金がショートを起こしそうになり、財産のほとんどを売却したこともありました。とはいえ、不況下でも手持ちの不動産資産だけは利益をかろうじてあげていたので、なんとかこの難局を首の皮一枚で乗り切れました。しかし、浮気や離婚、再婚など私生活での問題もこの時期多かったので、メディア露出を避けていた唯一の時代でした。

失敗から学んだこと

この失敗を受け、トランプも反省したようでしたが、自分の言動を見直す方向にはいかなかったようです。ビジネスの失敗について、こう述べている。「俺は専門家と称する連中に頼りすぎたんだ。ハーバードやワートンを出た連中にね。彼らは驚くほど頭が切れるし要領もいい。だが彼らにビジネス感覚がなかったら、一巻の終わりさ。俺はビジネスをそういう連中に任せすぎていたんだ」(トランプ自伝より)

共和党の論客として

その後はメディア露出も復活し、メディアも面白がって政治的に彼の過激な発言を取り上げて来ました。オバマ大統領の出生地が議会で問題になったのも彼の発言が発端でした。(米大統領になるためにはアメリカで生まれることが条件だが、オバマ大統領に一時アフリカ生まれの嫌疑がかかっていた)候補者指名争いでは、その持ち前の口の悪さから、毀誉褒貶が激しいですが、一方で強いリーダーシップを発揮しそうな期待感からいま最も熱い候補として注目を集めています。

テロ

日本人の知らないトランプ氏にまつわる意外なトリビア

話術がずば抜けてうまい

ドナルド動画

https://www.youtube.com/watch?v=CyIEfG-WbRk

彼の伝説的な発言を集めた動画も作られるほど、彼の発言はエキサイティングで歯切れがいい。ニューヨーク訛りの彼の英語は行儀がいい感じではないですが、自信に満ちたしゃべり方です。

トランプ・ワールドタワーには本当のセレブが住む

トランプタワー

ニューヨークの一等地に建てられているトランプタワーの住人はセレブばかりが住んでいる。スティーブン・スピルバーグやビヨンセ、最近ではニューヨークヤンキースの田中投手も住んでいるとか。

バックトュ・ザ・フューチャーのモデル

バックトュ・ザ・フューチャーに出てくる悪役ビフ・タネンのモデルは、ドナルド・トランプ氏です。これは似ているという話ではなく、脚本家のボブ・ゲイルが当時テレビにトランプ氏が出てきたのを見て、こいつをモデルに悪役を作ろうと決めたと、後年インタビューに答えている。

ビフ

▲建物に自分の名前をつける所とか、そっくりですね
People walk in front of the Trump Tower in New York
biff
▲顔も似せてます(笑)

トランプ氏のせいでミス・ユニバースメキシコ代表が棄権

トランプ氏がした発言の中で、最も過激だったのが、「メキシコはアメリカにレイプ犯をせっせと輸出している。だから、私が大統領になったら、国境に壁を作る。そしてその金はメキシコ政府に出させる!」というものだ。(前出の動画中にもその発言アリ)このため、トランプ氏がミス・ユニバースの運営に関わっているのを理由に、ミス・メキシコ代表はこの年コンテストを棄権しています。

miss mexico

…………カツラ?

hen

どうやら、この奇妙な髪型についてのツッコミも多いらしく、ある時ラジオ番組に出たら、DJに直接聞かれたそう。聞かれたトランプも「そんなに疑うなら、触って確かめてみろ!」とのこと。おそるおそる確かめたDJは、「本物だ」と一言。しかし、この奇妙な髪型についての疑問は残ったままですね(笑)。
真実
▲自毛であることはこの写真が証明しましたが……